フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« WAITOROSE 台詞無しあああ~あ。 | トップページ | チョコラータとマスコット・クッキー »

2011年2月 6日 (日)

雪 になった水晶。 限りなく透明に近いブルーな出来事。

                                         雪

                           曽根 裕 [ Yutaka  Sone ] 展   2010,12,10,-2011,2,28
                                           メ ゾ ン エ ル メ ス   8階 フォーラム

                                            3:43 pm ~   4:14 pm   

                                               fhoto by chachaco                                            A1_204   

      今年は雪に埋もれている日本列島ですね。その神秘さを白い結晶に求めるには過酷

     すぎる毎日の連続です。何故に透明な結晶が白く見えるのか、見せ占めてるのかは、

      不思議と言わざる得ないです。

      青森生まれの私はこの「雪」を口にした経験が何度もあります。

      まるでミネラルウォーターの様にそれぞれ個性があるね、とは意見しません。

      ただ、カラフルなかき氷みたいに食べないのは何故か不思議に思ってた。

      「みんな!食べ方題だよ。」  かなり阿呆な発想です。おそろしい。

      融けもせずに永遠に続く時を刻む水晶、、。この雪は美しく繊細な完成体です。

      雪の結晶はとてつもなくデカイ。それが水晶で制作されてる。恐ろしい時間の

      流れを感じた。唖然。  馬鹿な私のお頭に 自然の雪の結晶はそれを諭してくれる。

      人間の常識の時間の流れに対して、自然の時間の流れは緩やかだが完璧だ。

      あやふやで未熟な、そして出来損ないの目立つ刻み方。私達、、。とは違う。

      

A1_201

                                                fhoto by chachaco

                                                     marunouchi

 

« WAITOROSE 台詞無しあああ~あ。 | トップページ | チョコラータとマスコット・クッキー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪 になった水晶。 限りなく透明に近いブルーな出来事。:

« WAITOROSE 台詞無しあああ~あ。 | トップページ | チョコラータとマスコット・クッキー »