フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« 「あずまおとこの一世一代!」どん・じょばんに | トップページ | もう1回もう1回 奇跡を信じて。 »

2011年2月28日 (月)

群馬料理で群馬を思う。都内で探す群馬の味わい。

んん。東北旅行は最悪だった。何処も雪化粧でした。

足元が防寒でないため豪い目にあった。耳も千切れんばかりの寒さでした。

いつもは自分に突っ込みを入れるのですが、今日はそんな気分でないです。

もともと、ここは仮の世界の1つです。異常な感情が日々強さを増していく中で、

私は心の安らぎを人との会話に見つける事が出来て嬉しかった。でも、、、それは誰もが

望むのでしょうか?

そんな時に群馬の料理は?何が美味いのかな~?と思いました。

お料理上手な群馬のママさんは先日は指に大怪我をした。それまで見ていた沢山の

料理が幾つも思い出された。世の中の男性諸君よ、指を切ったり、つぶしたりしても我慢

強く辛抱して御飯の用意をするんですよ、女性は、、。

先日、丸の内の地階にあるABCクッキングスクールに体験クッキングしてきた。

担当のAさんは物凄く美人でした。そのAさんが手放しで自慢して褒めたBさんは更に

美人でした。何度も何度もBさんを褒めますから、その度に視線が「Bさん」にいきます。

「手作りハンバーグ」でした。広いキッチンで彼女「Aさん」と二人きりで調理です。

久し振りで女性と二人きりで静かな空間で(この時は私達だけです)会話しながら作業で

す。

御飯の準備 →野菜カット、ニンジンのグラッセ、ほうれん草のソテー→肉の下こしらえ

肉の加熱→ソースの制作→完成です。のんびりと約40分ですかね?途中は片付けと

洗い物をしながら、、、。いろいろと質問されて聞かれて、、私生活とか食事の事とか、、、

彼女の自宅と私が御近所だと判り少し緊縮。詳しすぎる。

作った料理は専用のダイニングでお食事です。ビ-ルやワイン、赤白やソフトドリンクは

お好きなだけ飲めました。食べた料理は思いのほか美味しくて驚きました。

彼女の作業中の様子が頭を駆け巡るので食もいささかダウンする。

今のこの時期に毎日休んでるよりは、人の中に入って少しでも気晴らしする方が良いと

思いつきました。このABCクッキングスクールでのんびり晩御飯を週に4回来て、若い女

性と楽しくお話して過ごすのが楽しいか?

エコールバンタンのカフェコースで基礎をもう1回やるのがいいか?

代官山のお菓子教室でハードにやるのがいいんか?などなど、、。

さあ、都内で群馬の郷土料理はたべれるかな~?

                                 ありました。港区白金に「このむ」さん。

G800900w

Dataltgxe3f8cti3u5djtbt7ej1zfrneyme

                     都営地下鉄 南北線 白金高輪駅 下車 徒歩3分 3番出口より

                     TEL 03-6408-0744

G800900pm2_a

                           んん。群馬のお酒は詳しくない。飲んでみよう。

G800900pm1_b                         

                                         榛名100日鶏と言います。

G800900pm4_a   

               いろいろ美味しそうで、楽しいそうだが独りで飲むと店主に話しかけられるな

               あ。きっと、、、。おやき、とうどんしか知らないもんな、ぶつぶつ、、。

               ここで飲むより、あのママさんが作る玉子焼きやきんぴら、ちくわのきゅうり入

               れや煮物とか美味しそうだものなあ、、、、。

               独りでは飲まない。いや、今晩は飲みに行こう。

                何処にしようかなあ~?

« 「あずまおとこの一世一代!」どん・じょばんに | トップページ | もう1回もう1回 奇跡を信じて。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

「前略、鷲さん。」
ここは我輩の部屋です。この殺風景な部屋にも少しだけ明るい出来事がありました。
先日の早朝にフジテレビの「今日の占い」を見てたら「渋川パークランド」のミニチュァ
映像が使われてました。人形のような
家族が3人遊んでました。他にも沢山の家族です。錯覚なんですがその中に「鷲」さん
ファミリーが居そうな気がして見入ってしまいました。
「確かにいたんだけどなあ?」と思いながら探してます。
それからは毎朝の恒例となってます。そういえば「S]さん家族も3人です。
「さあっ!」 心尽くしの「鷲」さんのお手製の玉子焼き、きんぴら、イカの煮物を「あっ!」
竹輪にきゅうりを差し込んだ好物も頂きましたから、、、。
これから独りで晩酌します。
「いただきます。」
、、、、、、、、、、。

「うまいっすっ!」 繊細です。
「うまいっす。」 豪快なあじつけで美味いです。

「あのお?」、、、、「ひじきは?、、、。」 では次回で。

「もうちょっと呑みます。」
「ありがとうございます。」
ちゃちゃこ。

このタイトルが目についてしまっては、見に来ないわけにいかないヂャマイカッ!

水芭蕉はとりあえず美味しいぉね。でもちょっと高い。。。。
きんぴらや卵焼きていどだったら、いつでも作ったるどー!(^o^)ノ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬料理で群馬を思う。都内で探す群馬の味わい。:

« 「あずまおとこの一世一代!」どん・じょばんに | トップページ | もう1回もう1回 奇跡を信じて。 »