フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« 「新宿ランチ」記念 第1回「 WIRED CAFE」 | トップページ | ガーガーおなかがすいた。 »

2011年5月 1日 (日)

姫さま!ガーガーが脱走成功です!こちらに来ました!

         「厭な予感、、、。」

  「秘密諜報部局長っ!ここへっ!来てッ!」

    「なんでしょうか?」

    「あれの件ですけど、、。」

  「あれ?ああ、誘拐計画は順調に進めてます!」

    「もう遅いわっ!」

    「えっ?」

  「まさかぁ?」

    「そうよっ!そのまさかよっ!」「先程プレスで発表がされたわっ!」

    「私達は遅れをとったのよ!悔しい~脱走よ~~!」

    「すみませんでした。まさかぁ?えっ?脱走するとは、、、。残念っ!」

    「あなたはくびよっ!」

    「分りました。田舎へ帰ります。そうします。さよなら、、、。」

    「えっ?嘘よっ!なにもそこまでしろとは、、、。」

    「いいのよ、、その、言いすぎた、、私も。ね、、。」

    「ニヤッ。ふふふー。ひっかかったモー。。」

    「何か言ったあぁ?」    「いえいえ。」-ニヤ。-

    「これが敵のちゃちゃこに逃げたガーガーの写真よ。ふてぶてしいわね、、。」

    「で、、どこのお庭から逃げたのでしょうかぁ??」

     「どうやらこのお庭ね。。。何て読むの?みき?みくに?みにもに?」

     「油断したわっ!仲間がいたのねっ!」

    「ニコッ。 姫様!」「ご褒美を是非っ!」

    「あなたの名前は?」     「 ねこ。」      

    「どうでもいいかぁ。やってられん!」 

Bbba_152

« 「新宿ランチ」記念 第1回「 WIRED CAFE」 | トップページ | ガーガーおなかがすいた。 »

恋愛」カテゴリの記事