フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« 天空の楽園がある場所。。。 | トップページ | まず考えさせて。ぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・。 »

2011年5月 6日 (金)

天空の楽園がいいのにね、、。

ヒョンナ事から美味い物が食べれる。何とも久しぶりです。でもたまにはフランスの

3星シェフの味が楽しめる所がいいなあ。以前20年くらい前の大昔のことです。

会社の経営が大手?百貨店?で、フランスのテナントとして参画してた。

デザートとパン、、今では定着してる呼び名・ブーランジェリィです。

E9516bc74e6d432eee17ffac6680d23d
fhoto by chachaco  本文と関係はありません。

そこで販売する製品は年に2回程行われる品評会で十分に検討されて販売までの

スケジュールが決定するんです。

あちらのシェフは特に製品の品質には当然厳しい姿勢で臨みます。

例えば、ケーキ1つを販売企画してお客様の所に届けられるまでは恐ろしいほどの

時間が必要です。そして、それがイベントの参加製品だと写真撮りの予定も入ります。

普通新聞の折込などに加わる広告はそうした影で活躍する人たちが支えています。

その撮影などのスタッフは、有名な百貨店各店舗に必ずいます。

「苦情、、、、、。」

今は普通になってる「バニラ・ビーンズ」も当時としては初めての市場採用でした。

「ただの砂」が何でプリンに入ってるのっ!なんて感じです。「砂ではありませんよ。」

なんて説明は通用しませんでした。それで各家庭を訪問します。当然の事ですが、

販売時点でも徹底して告知をお客様に説明として行っていますから、

店舗での説明はされてます。お客様は聞いています。それ、、「お客様が。。。」

ちなみに「プリン」ではなく「クレームブリュレ」もしくは「カサナード・アラ・バニーユ」。

「砂・・見たいな感じ、、の粒々が芥子の実にも似てる。」

ああ、懐かしいなあ。。あれも幻か、、、。

今じゃ、コンビニのデザートにも使われてる。えらい時代の変化です。

羨ましいです。

さて、、今日は??ブルガリのリストランテで、!十分でしょ!!

http://www.bulgarihotels.com/

「本当に食べましたか??」    「まさかっ!!」 「へへへー!」

Ginza_restarurant
fhoto by BVLGARI

Ginza_tower
fhotos by BVLGARI

« 天空の楽園がある場所。。。 | トップページ | まず考えさせて。ぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事