フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« I Believe。 | トップページ | ガーガーときどき午前様。でもうれしい。 »

2011年5月 8日 (日)

僕の名前は「つう。」赤いお花が好き。

ぼくのなまえはつう。                                                                  わん。

このあいだすてられて女の子にひろわれたぁ。                                わん。

つうの声はわかるのに他はわからない。

お座りしてると、いつも笑顔で両手をひろげて

おいでよしてくれる。やさしい子。

うれしくておおはしゃぎでかけっこする。                                          わん。

夢中になってとびこむ。

とても良い香りがする。

公園にさいてる赤いお花とおなじだ。

とげがあるから痛い。

大好きな香りだぁ。はじめての香り。

でも、ときどき困ったお顔、つうのせい。                                       わん。

女の子は泣いてる。なにか落ちてくる。

どうしていいのか困り果てて。                                                     くううん。

ぼくはなんどもくるくる回ってみせて

じぶんのしっぽを咬んでみせたり                                                 わん。

もうダッシュで走ってみせたりする。

どうしていいか分らない。

でもそのときは両手でおいでよはしてくれない。

よくみると、赤いお花のとげがいっぱい

女の子に刺さってる。棘で傷ついてた。

でも、おんなのこはお花をいじってはいないの。

なんで、ああぁぁ。くるり止めて立ち止まったら

お花の香りがぼくからしてる。

ぼくのからだに棘がたくさんついてる。

きゃうん。きゃうん。ぼくはつらかったぁ。

おんなの子に何度も何度も飛び込んだ。

そのたびに僕の棘がささっていたんだぁ。

「ごめんね。僕のせいだあぁ。痛かったでしょぉ。」                        

僕も悲しすぎて鼻っぺが痛かったぁ。

すると女のこは「ニコッ」と笑ってくれたぁ。

「おいでよぉ!」だ。

僕は今までに無いくらいの勢いで両手にむかって

とびこんだぁ。「わおんっ。」

「痛くないのぉ?」平気ですかぁ。

「ううん。もうだいじょうぶ。」「えっ・?本当?」

よくみると、ぼくのからだからお花がたくさん咲いてた。

いつのまにかぁぼくの棘はきえてたの?。

「あれっ?なにかがわかるぅ。」

「僕の声ににてる。」

「てつ。もうだいじょうぶだからね。あんしんしてね。」

「それがわかった。女の子だああー。」

僕は抱きしめられてしあわせだあ。

ずううとこうしててね。「わん!」

いぃ香りがぁする。。 「わん!」

赤いお花が好きだからぁ。「わん!」

僕はてつう。  「わん!」

うつくしいお花が咲く樹が好きだからぁ。

5月8日(日曜日)午前 4:03。

« I Believe。 | トップページ | ガーガーときどき午前様。でもうれしい。 »

恋愛」カテゴリの記事