フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« あっ!納豆蕎麦っ食べよー!! | トップページ | 納豆朝食??食べ放題です。 »

2011年7月 1日 (金)

ワッペンたくさんありがとう。

東京でバスガイドをしてる親戚で1番の美人お姉さんが、数えきれない数のワッペンたくさん

携えて帰郷した。その袋を破いて取り出した包みからは20個くらいのワッペンが出てきた。

お姉さんはそれを、皆の前に広げて見せて、こう言った。

「さあ、徹くん。徹くんが好きなのを選んでね。」

僕は、親戚の集まる中ではちびに近い年齢でした。お兄ちゃんも、お姉ちゃんもいる。

でも、バスガイドのお姉ちゃんは僕が1番先に選ぶ権利をクレタ。

きれいな刺繍です。大きいのから、小さいものまで、どれも、みな華やかです。

包んでた白い紙さえ綺麗なのに、どのワッペンも素敵でした。とても素敵なそれは、

子どもが胸に付けるようなものではなくて、まさに、大人の為のものや、海外でなくては

手に入らないようなものまでありました。

僕はその中から少しばかり大きくて、ネイビーブルーの土台に、刺繍でマリンスタイルの

錨が刺繍されてるのを選びました。親戚の仲間も、みんな好きなワッペンを選んで満足し

てました。大喜びです。その後の私は好例の記念撮影です。

べつに、写真を撮る必要など無いのに、実家の庭で、山水を模したじっちゃんのお気に入り

の築山に上り、其れを、庭木を背景に写真を撮りました。変な服装のボクがいる。

僕はあの当時、好きな服の着方があって、格好を皆からは笑われてました。

それは、最初に長袖の服を着て、その上に半袖を重ねる着方でした。

当時の写真は殆ど其れで、今見るととても恥ずかしいやら、他人を見てるような思いになりま

す。そして、チェックの半ズボンです。笑顔がかわいい。

でも、後で其の写真は親戚には1枚も無くて、有るのは我が家のアルバムに1枚あるだけな

んです。でも僕が覚えているのは、2.3枚の同じ写真を手にして、これがいいとか、

あ、これにしようとか悩んでる父の姿を覚えてます。どれも皆同じ写真なのにです。

笑いのない子供は、僕は、その頃は屈託のない笑顔の少年に変化してました。

毎日が楽しくてしょうがないんです。楽しくて楽しくて。。。

母さん、、。ワッペンたくさんありがとう。僕は幸福でしたよ。その後は親戚の子供達と、

季節をみとれる写真を撮るのが好例でした。あのアルバムは今は、1番下の妹の家に

大事に保管されてあります。父が大好きだった妹のもとに。

アルバムには何頭もの馬の写真や、ワンコたちのものや、懐かしい父の若き日の姿です。

とても田舎の青年には見えない男前の父です。本当に優しい父です。

僕ら兄妹の写真を撮る時の、父の嬉しそうな顔が今でも蘇ります。

お母さん、あなたが言うように、残された人間は精進して、まっとうな人生を

歩む義務があります。私もそう思います。責任があります。

だから僕は、、、この先に母さんが幸福でいれることを強く望みます。

で、僕がそれに関わることが出来るのであれば幸いです。

              おかあさん。。僕は、、

                会いたいです。

この間、僕は見つけたんです。そこには、大きなカサブランカの写真が載せられてました。

とても綺麗でした。僕も大好きです。白い花はどれも好きです。たとえ、その花が持つ

花言葉が悲しい意味が有るものであっても、その純白の花をとても愛しく思います。

「幸福がいっぱい」で埋め尽くされた中に薔薇の花が1輪、、可愛かったです。

             新しい母さんの写真も素敵でした。

       そろそろ、、そろそろ。その時が近づいてるんでしょうか。

                    お母さん。

                  元気でいてくださいね。

                     徹。Ca6a60b7818ee02b8b4cbe89afb289ee

« あっ!納豆蕎麦っ食べよー!! | トップページ | 納豆朝食??食べ放題です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワッペンたくさんありがとう。:

« あっ!納豆蕎麦っ食べよー!! | トップページ | 納豆朝食??食べ放題です。 »