フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« 眠れんかって、、寝られんかったぁ。掃除した朝の3時です。 | トップページ | 結局、又前の状態です。何となくです。 »

2011年9月18日 (日)

おはにょろ。。おばあちゃん。

                           今日も納豆を美味しく食べれることに感謝しています。

                                今年はそれを考えることができました。感謝です。

                          また、朝夕に、お気に入りの納豆と御丼を眺めながら、

                自分ひとりで、食べる支度をしていると不思議に思うことが有ります。

                  神様はどこで二人に目をつけたのでしょうか、、、と、言う事です。

             その方の面影に思いを巡らし、そして、、あまりにも下手な混ぜ方なのですが、

    中秋の満月の下で、爽やかな秋風に吹かれて食べた納豆はとても美味しかったです。

                                     「おいしいねえ。。」

                                 納豆から糸がひいてる。。

                        ふと見上げると、丁度お箸の先に満月が見えました。

                     まんまるお月様ではウサギが餅つきをしていました。

                                          「ふー。。」秋風、、

                          お箸から、スーとひいた納豆の糸は

                      余韻を残して、頼り無く闇に消えて行きました。

                      何処の誰それの元に消えていったのでしょうか、、。

                

                 庭植えの手入れのされていない梨の樹が甘く香っています。。

                       「あらまあ、、、、おじいちゃん。。」

                    「こんな所で寝たらぁ、、、、、風邪を惹きますよ。。」

                           「おじいちゃん。・・・・・・・・・。・・・・。。・・っ。」

         

                              お婆さんの瞳に泪がキラリと光りました。。

                  「、、、、こんなに納豆をこぼして、、御飯も、まああ、、大変。。。」

                     そんな事を愚痴にして、粒を口に運ぶ指先が、あの時のままです。

     ・・私が見たときとあいも変わらずに可愛い華奢な小さい指先だってことを思い出した。

         

                                 「忘れないようにね、、。」

         

                 「私が好きな人はずうぅっとおばあちゃんでしたよ。。」

         

                        1つだけ転がり落ちた粒が草むらの中に消えま した。

                           つがいのコオロギが気が付いた。

       草むらの中に落ちた粒の横で、コオロギがお月様を見上げました。

                  

                        お婆さんの瞳が光っていることに気が付きました。

                     

                                      泪がこぼれてました。

                         

                                       ・・・・・・コオロギの鳴くこえ・・・・・

「お爺ちゃんたらっ、葡萄が食べたいって言ううから、、、様子を見に来たのよぉ。。」

                     

                        「そうよね、、そうなのよね、、納豆をね、、。」

            

               「納豆ねぇ、、、とても好きだったものね、、お爺ちゃんはねぇ、、、、」

  「きっと、お爺ちゃんが食べた納豆は、、、とっても甘くて美味しかったでしょうね、、、、。」

 

                          ・・・・・・・・コオロギの鳴き声。・・・・・・・・・・・・・・・・

 

                                        「おじいちゃん、、、」

                「おじいちゃんってば。。おきてっ!。起きてっくださいってばっ、、、。」

                                                 秋風が吹く。。

「いやよおぉ、、、おじいちゃん。。ひとりにしないでぇ。ひとりじゃあ、無理でしょぉよ。。」

                              

                                  ・・・・十五夜お月さんが泪をぬぐうぅ。。・・・・

                              ・・・・・コオロギが鈴虫にかわってもらった、、、。・・・・・・・

                              鈴虫の啼くこえがお婆ちゃんの耳にきこえた。。

                  

                 「納豆は美味しいわねぇぇ。馬鹿みたくおいしいね。ねぇおじいちゃん。」

                

                                      「1月のお誕生日は私一人ですねぇ。」

               

                                            「たくさんたべなくちゃね、、。」

                  

                        仲良くコオロギと鈴虫達が奏でる鳴き声が可愛い秋の夜。。

                        

                                    「おいしいねえ。」              「うん。」

                      

                          「おじいちゃん!ほらっ!ここに納豆がっ!もおお!!!」

                        

                                                   「ははははっー!!!」

                                  

                                                     バシッボゴッ。ウッ。。                  

                                ******************************************

                                            理想の「納豆人生」

                                                       完

« 眠れんかって、、寝られんかったぁ。掃除した朝の3時です。 | トップページ | 結局、又前の状態です。何となくです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おはにょろ。。おばあちゃん。:

« 眠れんかって、、寝られんかったぁ。掃除した朝の3時です。 | トップページ | 結局、又前の状態です。何となくです。 »