フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月24日 (月)

 「I wish you a Merry Christmas!」

A1_245 

                         *

Bbba_6315

photo by chachaco 2012・12・24

2012年12月23日 (日)

君と別れて4時に上野に向かう。

太平洋高気圧の影響で午後は気温が30度を超えると思われます。

「・・・・・・・・・・・」

そんなわけないか、、。

すでに夕暮れが迫って悲しい悲壮感が漂うのに、たわけたことを思った。

わずかな暖かさを求めて陽の差す場所に視線を移した。

すがるように求めたけれど移動してあったまる場所は無さそうだった。

さっきから小鳥の鳴き声も聞こえない。きっとどこかでひとかたまりにでもなって身を寄せ合

い潜んでいるに違いない。

この寒さは芸大を越えて上野の森に足を踏み入れてからより増したように思えた。

初秋ならまだしも、この時期では散歩の親子も見当たらない。

駆けまわる長男を思い出した。散歩に連れてきていた時分が懐かしく思えた。

そんな思い出を持ちだして感傷にふけてもポカポカになるわけなんかないのに、、。

そんな風に心で呟き人気のまばらな上野公園を歩いていました。

これから向かうのは上野駅口でした。今の状況を左右するかもしれない要件があった。

そうだね、もう2時間以上前に君を見送りしてからはあっという間だった。

なにか物足りなさを感じた君との短い時間は今思えば暖かで、とても幸せだった。

それだからか、なにか自滅しそうな感傷で余計に寒くなったきがした。

そう言えば自分の吐息のせいでマフラーがわずかに濡れだした。

とても暖かで寒風をしのげそうだからと、家を出るときに選んだ鈍い色合いのマフラー。

それに顔をうずめて団子坂から三崎坂を猫背で歩いてきたんだと思う。

冬木立の見える向こう。想像したのは黒のレザーブルゾンに映える濃紺のマフラー、、。

僕の外出着の格好はダサい。まるでなっていない。

ここに来る途中でガラスに写ってた全身の風貌にがっかりしていた。

それは煎餅屋の軒下に佇んでたとき、ガラスに映っていたものを今思い出してた、、、。

ここで感じる寒さは気温だけでないように思ってた。

だけど何がそうさせてポカリと空間をあけたのだろうか。

そこに熱という熱をすべて吸い込まれているようだ。

僕は理由は何か分からない。それが思いの外沁みて体がとっくにマイナスになっていた。

誰かに縋りたいような気持ちになっていた。

視界がひらけてきた時にいつ出来たのかスターバックスが目に飛び込んできた。

そうか、上野に勤務が決まったら君と時間を過ごした後は此処で数時間まどろむんだ。

直に熱さを感じるマグカップが毎日の様に癒してくれるはずだ、きっと。

けれど、そんな妄想は役にも立たない。今の僕は握りしめた手がジャケットの中で温まること

は呆れめなければならない様だ。

Bbba_6314
photo by chachaco 12・22 15:55pm 上野公園にて

今度は此処で散歩したらコーヒーを呑みましょう。ただじっとして身動きせずに見える木立を

飽くこと無く眺めるだけでもいいのかもしれない気がする。

僕と君は自由だ。その自由の中で互いの生活に思いを馳せて大事にする。

こうして別れた今でも考えている。電話したら寒いんだけれど此処に来てくれますか、、。

僕が行きましょうか。都合が付けば是非ともね、そんな我侭出来れば嬉しい。

外のテラス席でも良いんだよ、ふたり寄り添って仲良くね。

あの日と今日と今が交差して他愛も無い話になっている。

さて早いもので日曜日も終わります。

お腹も満たされて身も心もポカポカです。

12月23日は眠気に襲われて勉強もしないで終わりそうです。

今日もいい一日だった気がする。

ありがとう。

おやすみなさい。

ありがとう。

Bbba_6312


にほんブログ村

2012年12月20日 (木)

白菜・・・仮の味わい。

晩御飯をタイ風にして食した。

白菜と卵の炒め物。

写真はないんです。

ズボラでフライパンのままで食べたんで、、(^-^)

ニョクマムとオイスターソースが決め手です。

舌がヒリヒリする赤唐辛子を入れて見ます。

バジリコも入れます。

材料

大雑把に切った白菜

卵三個

バジル

調味料

お塩、胡椒、唐辛子、アジア風カレー粉、オイスターソース、ニョクマム。

作り方

油を熱してボールの中で溶いた卵を軽くお塩で味付けしたもので炒り卵を作り、

別にしておく。

適当に切った白菜をサラダオイルで手早く炒めてややしんなりしたら、先程の炒り卵を

入れて味付けをする。春雨(戻しておく)や緑豆などがあれば此処で入れる。

僕は薄味が好きなので軽めに作ります。

書店で沢山のレシピを見ましたが本物の味を口にしていません。

是非美味いお店に行きたいものです。

根津に一軒あるけどね!日本人向けかも?

違う写真ですがこれ以上に素朴な見た目でした。

Bbba_6059
PHOTO by chachaco

これは市販の鯵フライとアサリと野菜のパスタ。ズボラ。


にほんブログ村

しばわん。

もふ。もふ。

わあっん。

わあっん。

ふりふり。

もふ。もふ。

わっん。

しゃき。

よろ。

でへへへっ。

こいぬ。

しばわん。

36f817938a538d7067e0a00cdd8e8d42

2012年12月19日 (水)

今日の僕。

Drinkingandyou_landing_2

せめて今年は、今度だけは、

最初のクリスマス。

ぼくも同じように楽しみです。

クリスマスを楽しみにしています。

3人で過ごせないでしょうか。

彼女と僕は料理が得意です。

なんだったらおせちを作りましょうか、、。

どんなお話をしましょうか、、。

静かに降り積もる雪にいつまでも消えない笑い声が、、、

それとも泪でしょうか、、。

あと幾つ眠るとクリスマス、、

あと幾つ眠るとお正月。

スヤスヤ、、。

スヤスヤ、、

おやすみなさい。

おかあさん。

悲しませてごめんなさい。

徹。

Bbba_6284
photo by chachaco    2012PCP

2012年12月16日 (日)

クリスマスの準備も出来た

お部屋にクリスマスツリーも飾った。

それと、新しくベッドもそろえた。

暖炉もある。

サンタの衣装のようなパジャマもお揃いで用意した。

料理はなににしようかな・・・

あたたかな幸せ。

そういう日が来ますように。

また来る北国の冬。

皆さんの心が癒えますようにお祈りします。

徹。

Bbba_522_2

2012年12月15日 (土)

ハガイタイヨ!じゃっ正露丸!

Bbba_240
photo by chachaco 2012 12・14

今は痛くないんですけどね、正露丸を最後に詰めたのはいつだろうかな?

そう思って団子坂を上って来ました。

団子坂を登ると左手に森鴎外記念図書館があります。

今年は記念行事が目白押しです。

実は日本の軍医でもあった森林太郎こと森鴎外はドイツ医薬として持ち込まれた

『木クレオソート』という名前の薬品を研究しています。*木=モク

現在の大幸薬品の社長がそのことについて著書のなかで述べています。

これは1850年ころのドイツ人のカールライヘンバッハにより食肉保存用の防腐剤として

作られた製剤でした。明治になってから活用されたのでした。

当時は主に歯痛薬、外用消毒薬、消化器病薬に使われていました。

実はこれ、スモークサーモンやベーコンの保存方法にも関係しています。

防腐剤が腹痛や下痢を改善するというわけです。

森鴎外がクレオソートに効果があるんだとして当時流行していた『脚気』に着目した。

治せるのではないかと仮説をたてました。ただ。後にB1・(ビタミン)の欠乏症によるものだと

判明しました。効果はなかったのですね、、。

内服することで胃の中の細菌やウイルスを構成する2種類のアミノ酸のトリプトファンや

チロシンを二酸化塩素ガスが酸化させるんですね。

血液中に吸収されたクレオソートは大腸の過剰運動をセロトニンと言われる神経伝達物質

で運動を正常に戻す作用もあるんですって、、。

過敏性腸症候群やダンピング症候群に効果があるんですって。

旅行先で飲み水に体調を壊したりする旅行者下痢症と言う大腸菌毒素の分泌による下痢に

こうかがあるんですよね。

そんなことが書かれてるのがちゃこが読んだ本でした。

もちろん他にも著者のメッセージがたくさんありました。

外科医として生きていた方が今に至った経緯に不思議な運命を感じました。

あ、、でね、別に歯は痛くないです。

数年前に全歯治療しましたから大丈夫です。

ひと月に数回はデンタルケアはしていますし、、。

それと、、

スモークしたベーコンやサーモンを他の食べ物と摂取するとお腹は壊さないのだろうか?

ハムなどでも好き嫌いは有るのですが、中にはスモーク製品は不味いから絶対に駄目だと

いう人は、もしかしたら、あの薬にお世話になった記憶が未だに味として舌に記録されてるの

では無いかと思ったりもしました。

カツオのタタキに関係するお話などもあって楽しかったな。

農家のちゃこの家でじゃ両親が田んぼや畑に出かけて静まった時間、、。

誰も居ないのを見計らって正露丸の薬瓶の蓋を開けた時の匂いと目に染みた思い出。

このさきあの薬を購入する機会はあるのだろうかとふと思ったのでした。


にほんブログ村

著者、柴田社長は医学博士の肩書きも持つ。

2004年、公立病院の外科部長から実家である大幸薬品副社長に就任。

現在に至る。

Business_1121_158_small

好きだけど難しい

Bandocanap

お味噌汁。

どんなときも頂きたいとか今はいえる訳ではないけれど、毎日欠かさず、できれば。。

ううん自分の好みは分かる。

あなたは、また他の人はどんな味噌汁で楽しんでいるのだろう。

今日はどんなお味噌汁ですか?

あなたもお味噌汁は好きですか?

おかしいですけれど、きょうはそんな事を思っていました。

僕が思うあなたの遍歴よりも、何を毎日食べていたのか、、、。

そして今

あなたは何を食べていますか?

あなたの中にあるたくさんのほっこり。。

ほっぺとほっぺをかさねるような温もりで満たされる。

そのほうに思いを巡らすことが幸せだと思いました。

きみにも美味しい味噌汁を毎日作れるように。。

そう思いました。

うん。

Img11summer2001


にほんブログ村

2012年12月14日 (金)

お刺身によく合う、、某

そばにいないとつまんない。

僕は鯛や平目やマグロでもないし、高級魚みたいな位置には到底無い。

それは自覚して生きてきたのだし不満もない。

自分らしく素直であればいい。

相手の方もそれを十分に心得ていてくれる女性でとても真剣に考え思ってくれている。

僕はイワシみたいな存在であるけれど、彼女はいつもシャンとしていてそばに居てくれる。

何度も思うけれど高級魚に寄り添えば幸せになれるはずなのに何年もこうしてくれてる。

つまがないとごくありふれた大衆魚だけど、彼女が側にいるといっぱしなお刺身に見える。

彼女の力がそうさせてる気がしてならない。

僕も彼女がいないと力が出ない。寂しい。くつろげない。楽しくない。御飯も美味しくない。

ほかにもあれこれ思い浮かぶけどね。。

あなたがいないとつまんない。

つま。

つま。

つま。

いつまでも、否、いつの日か来ますように。

新月の祈り。

今日は眠いから明日書きます。

いつまでも新鮮でありたいと思う気持ちは同じですよね、ね?

さて、そろそろ寝ます。

おやすも!

今日もいい夢をね。

(*^_^*)

おやすも。

2012年12月 6日 (木)

復活

急に食べたくなってこの二三日で食べたものです。

黄な粉でお餅。5年ぶり以上、。

沢庵のお漬物。3年ぶり、。

シュークリーム。1年ぶり、。

なめこのお味噌汁。5年ぶり、。

シュークリーム以外は故郷にまつわる思い出の味だ。ケーキ類は職業柄沢山食べた時期も

あるけれど、いまは時々お団子やおせんべいや菓子パンで楽しく時間が過ぎる。

お帰りなさい。たくさんありがとう。バターロール2個食べた。

会えなくて寂しいのは同じ。

今日も笑顔で過ごした。

Bbba_404

それと、

お疲れ様でした。

グスン。

おやすみなさい。

Bbba_078
photo by chachaco 根津神社に見える桜。2012年の春に。

皆と

桜もみないでさ

お酒も無くてさ

見に来ただろうかこの冬に

泣けよ泣けよからすもないてら

今宵は今宵何を言う

男は明日に生きるもの

俺達だけでも頑張ろう

君杯を揚げ給え

いざ我が友よまず一献。

男前だった

そう歌うるかな

慟哭

やるせないかな

夜の帳よ

ただ1人帰らず

無言なり。

2012年12月 4日 (火)

「招待に応じると、、、

「招待に応じるということは責任が生じるという事」

Roland Kelts ローランド・ケルツ

Bbba_5998
photo by chachaco お正月の雑煮は焼き海老で出汁を取る・・・鹿児島薩摩川内城上地区

ローランド・ケルツについて

ローランド・ケルツ (Roland Kelts)

アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれ、アメリカと日本で育つ。オーバリン大学、コロンビア大学を卒業後、ニューヨーク大学、ラトガーズ大学、バーナード大学などの教壇に立つ。アメリカでは、「プレイボーイ」「ダブルテイク」「サロン」「ヴィレッジ・ヴォイス」「ニューズデイ」「コスモポリタン」「ヴォーグ」などの雑誌や新聞に、数々の作品・記事・エッセイを寄稿。小説では、短篇作品が「ゾエトロープ」に掲載される。2006年に創刊された文芸誌「A Public Space」(New York)の創刊号では、副編集長として日本文学特集を担当。日本では、「朝日新聞」「読売新聞」「毎日新聞」「ジャパン・タイムズ」などに作者プロフィールが紹介され、「群像」「ヴォーグ・ニッポン」などの雑誌にエッセイや記事を提供する。

書き下ろし小説「ACCESS」が2008年に出版される予定。現在、東京大学の講師と千葉大学の客員講師を務める。ニューヨークと東京に在住

レオ・ルイス (Leo Lewis):執筆補佐

ジャパナメリカについて

アニメやマンガ(英語でanime, mangaと言う場合、特に日本のアニメ、マンガを指す)などの現代日本ポップ・カルチャーは、「ハリーポッター」現象のアジア版に相当する。ハリポも、日本アニメ/マンガも、アメリカにとっては海外輸入品であり、それが国内で旋風を巻き起こすという点で共通しているからだ。

ハリウットが映画館の座席をなんとか埋めようと四苦八苦する一方、日本アニメ作品に対する人気は、増々アメリカ映画を追い抜く勢いを見せる。これは質の上だけではなく、ファンの熱意と献身的愛情を日本アニメの方がより強く勝ち得ているという点でも言えることだ。

しかし、ハリーポッターが普遍的なテーマ性を持ち、かつ非常に「イギリス的」であるのと同じように、日本アニメも極めて「日本的」だ。故に、日本アニメ/マンガがアメリカで大ヒットするなど、全く予想外の出来事だった。

ジャパナメリカは、日本のポップ現象を体験したアメリカについて直接に取り上げた初めての作品だ。その内容も広範囲に渡る: 宮崎駿の大作、萌える「HENTAI」世界(もしくは暴力的なエロ漫画)、連日CARTOON NETWORK(アメリカのアニメ専門チャンネル)でその活躍が放映されるパフィーアミユミ、そして小説家、村上春樹。その他の内容も満載である。

今の時代、アメリカと日本のポップ・カルチャーが互いに葛藤を抱えつつ、劇的に切磋琢磨し合う様子を描いたジャパナメリカは、双方の国のアニメ/マンガ・アーティスト、評論家、読者、ファンなどから得た見識を元に書かれている。今風でヒップなばかりでなく、しっかり読み応えのある一冊だ。

・・・・と、申しております。僕が書いたものではなくて引用です。

摂氏1℃~2℃の湖の水温で泳ぐ彼は、、

  ― Ernst Bromeis ―興味のある方はこちらをクリックしてみてね!

Bbba_6310
photo by chachaco from 『PAPER SKY』 2012・12・4 20:23pm

寒くないのかな?背景はスイスの山々です。

Ernst Bromeis is a Swiss Swimmer who has swan or attempted o swim in

Switzerland'shighest, coldest and longest takes and rivers,

He swims to bring awareness to water and to remind people the water is a

human right all must have access to safe drinking water, In his words,

        “  without water therer is no life、、、” 「 PAPERSKY 」より、、、

お友達のブログで外国のダイバーが浮き輪のごとく水に浮いている様を私達のような日本人

と比較して不思議なんですと伝えている。確かに僕も体格の割りには沈みがちです!爆!

そしてまた、朝の番組でこの寒い季節に何故か外人だけが半袖で街を闊歩している謎を

伝えていたんですよね!

彼らの体温がまるで病気や風邪で熱があるがごとく、37℃後半から38度もあることを報告

していました。肉食であることと脂質の割合が多いことでその説明は的を射た締めくくりにな

っていてとてもわかり易かったです。脂肪が多いので軽く浮くみたいです。

そしてまた、我々日本人よりも1℃近く体温が高いのでした。

今日偶然見つけて読んでいた『PAPER SKY』と言う雑誌で上記の英文とそれを提唱してい

るスイスのスイマーが紹介されていました。

この彼は『水の民主化』なるものを訴えています。

私たちの周りの水がいかに使命を帯びているか分かる気がします。

いまからでもいいので世界が一つになって水を守りましょう。と訴えています。

彼はスイスの湖をご覧のように泳いでいます。余りにも寒そうなので彼の泳ぐ勇姿が見たい

方は名前の部分をクリックして訪問してみてくださいね!


にほんブログ村

2012年12月 2日 (日)

ありがとう。

とても楽しくこの先もずうっと。

いつまでもお元気でいらして下さい。

ありがとう。

Bbba_6305

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »