フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« 白菜・・・仮の味わい。 | トップページ |  「I wish you a Merry Christmas!」 »

2012年12月23日 (日)

君と別れて4時に上野に向かう。

太平洋高気圧の影響で午後は気温が30度を超えると思われます。

「・・・・・・・・・・・」

そんなわけないか、、。

すでに夕暮れが迫って悲しい悲壮感が漂うのに、たわけたことを思った。

わずかな暖かさを求めて陽の差す場所に視線を移した。

すがるように求めたけれど移動してあったまる場所は無さそうだった。

さっきから小鳥の鳴き声も聞こえない。きっとどこかでひとかたまりにでもなって身を寄せ合

い潜んでいるに違いない。

この寒さは芸大を越えて上野の森に足を踏み入れてからより増したように思えた。

初秋ならまだしも、この時期では散歩の親子も見当たらない。

駆けまわる長男を思い出した。散歩に連れてきていた時分が懐かしく思えた。

そんな思い出を持ちだして感傷にふけてもポカポカになるわけなんかないのに、、。

そんな風に心で呟き人気のまばらな上野公園を歩いていました。

これから向かうのは上野駅口でした。今の状況を左右するかもしれない要件があった。

そうだね、もう2時間以上前に君を見送りしてからはあっという間だった。

なにか物足りなさを感じた君との短い時間は今思えば暖かで、とても幸せだった。

それだからか、なにか自滅しそうな感傷で余計に寒くなったきがした。

そう言えば自分の吐息のせいでマフラーがわずかに濡れだした。

とても暖かで寒風をしのげそうだからと、家を出るときに選んだ鈍い色合いのマフラー。

それに顔をうずめて団子坂から三崎坂を猫背で歩いてきたんだと思う。

冬木立の見える向こう。想像したのは黒のレザーブルゾンに映える濃紺のマフラー、、。

僕の外出着の格好はダサい。まるでなっていない。

ここに来る途中でガラスに写ってた全身の風貌にがっかりしていた。

それは煎餅屋の軒下に佇んでたとき、ガラスに映っていたものを今思い出してた、、、。

ここで感じる寒さは気温だけでないように思ってた。

だけど何がそうさせてポカリと空間をあけたのだろうか。

そこに熱という熱をすべて吸い込まれているようだ。

僕は理由は何か分からない。それが思いの外沁みて体がとっくにマイナスになっていた。

誰かに縋りたいような気持ちになっていた。

視界がひらけてきた時にいつ出来たのかスターバックスが目に飛び込んできた。

そうか、上野に勤務が決まったら君と時間を過ごした後は此処で数時間まどろむんだ。

直に熱さを感じるマグカップが毎日の様に癒してくれるはずだ、きっと。

けれど、そんな妄想は役にも立たない。今の僕は握りしめた手がジャケットの中で温まること

は呆れめなければならない様だ。

Bbba_6314
photo by chachaco 12・22 15:55pm 上野公園にて

今度は此処で散歩したらコーヒーを呑みましょう。ただじっとして身動きせずに見える木立を

飽くこと無く眺めるだけでもいいのかもしれない気がする。

僕と君は自由だ。その自由の中で互いの生活に思いを馳せて大事にする。

こうして別れた今でも考えている。電話したら寒いんだけれど此処に来てくれますか、、。

僕が行きましょうか。都合が付けば是非ともね、そんな我侭出来れば嬉しい。

外のテラス席でも良いんだよ、ふたり寄り添って仲良くね。

あの日と今日と今が交差して他愛も無い話になっている。

さて早いもので日曜日も終わります。

お腹も満たされて身も心もポカポカです。

12月23日は眠気に襲われて勉強もしないで終わりそうです。

今日もいい一日だった気がする。

ありがとう。

おやすみなさい。

ありがとう。

Bbba_6312


にほんブログ村

« 白菜・・・仮の味わい。 | トップページ |  「I wish you a Merry Christmas!」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君と別れて4時に上野に向かう。:

« 白菜・・・仮の味わい。 | トップページ |  「I wish you a Merry Christmas!」 »