フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« また逢えますか | トップページ | 非通知 »

2013年2月10日 (日)

後悔なんて何もない

今日が新月だというのに昨晩は元の自分に戻ったような感じだった。
心があばれた。
伝えたくて使った言葉が
毒を含んだ気がする。

身も心も捧げた人。

それはどういうような意味なのか深さ具合を考えたら、またまた自分の幼稚な性格に結局はあげたくない男らしからぬ情けない呻き声をあげる始末。
ただ、以前ならそれは猜疑心からだが、今回は心に浮かんだままの言葉だった。言いたい事は闇に葬り去らずに、まずは伝えたいと思った。誰の為かはわかりきっている。自分が可愛いだけなのだ。でも卑下はしていない。好きだから。
前より一層思いは透き通り無垢なものだと感じたからだ。
なにより説明がつく。
越えられない思いはあるのだから。
それを優しく包み込むだけしかないよに。
新月に祈って誰かを思う。
会いたい。
そこに笑顔が無いことだけが少し重みをふくむ。
笑顔になれない。
僕は笑顔で誰かと過ごしたいと振り撒いた君を知っている。
顔を会わすたびに笑顔の君。
それを祈ろう。
新月の祈り。
まずは僕が。
君に会うたびに笑顔に。
そうしながら深めていく。
身も心も捧げたくてずうっと。
おはよう。
ごめんね。

« また逢えますか | トップページ | 非通知 »

新月の祈り」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後悔なんて何もない:

« また逢えますか | トップページ | 非通知 »