フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« 5月18日うまるるぅ。 | トップページ | 霊感はあるから幽霊はみる。UFOは信じないって。 »

2013年8月 7日 (水)

たぶん

今日は彼女に会えないから時間を作ってスタバにいる。大分前にスタバカードにチャージしてあるの思い出したから恩恵を。
彼女とは日頃はスターバックスとはいかず、ご近所のマクドナルドばかりで済まないと反省する。マクドナルドはランチにも指名させて頂いてる。だいたいはフレンチフライポテトにチキン・ナゲットにドリンクとバーガーを一つを食べる。チキンナゲットとフレンチフライポテトを仲良く分けて食べる。人目も気にせずだ。もしも、店内に知り合いがいて、私達の存在に気が付いたとしてもては休めないよ。どんな顔をするんだろう。
あるコンサートの帰りにホール出口に通じる二階階段の前であなたはコンサートにきてくれたお客様にご挨拶をしていた。
あなたはロングドレスを、たしか、グリーンだったかな?いや、うすいブルーなものだったかも、、。
僕、いつも自分の肌の色の白さには慣れてるから、他人の肌を目にするのは滅多にはない。例え見たとしても感じ入るのは何も無いのだ。ただ、あの時は驚いた。あなたの肌の色は僕そのものだったのだから。
この体に組み込まれた絆は様々な想いを揺り動かす。沢山、沢山ある。人にはわかり得ない情報ばかり。
好きなもの。食べ物。動物。色は?音楽性。例えば語学、英語を。言葉を。優しい言葉を響かせる心の、、、
あなたがはしゃげれる瞬間は僕と共有出来るのかなと願う。
僕の住んでいる古いアパートの隣の巨大なマンションに住むのは実はあなたが僕の存在を確かめるべく借りた仮住まいのマンション。僕の事を恋しく思うとあなたは借りたマンションにやって来ること。灯りを僕のマンションに、いや古いアパートに見つけるとベランダに立ったまま飽きずに眺めている。それは、僕の幼い様子を思い出しては目をつむってはまたアパートの灯りを見つめる。その繰り返しなのだ。きっと僕の名前を呟く暇もない過去への旅立ちなのだ。夕暮れのそらが暗闇に怯えだすのには理由はいらないのだ。
その流れる時間に少しでも肌の温もりが思い出せれば親子の絆はこの先も決して絶えることはないのだ。
いつか互いの視線の先に僕と母ちゃん、いやあなたがいますように祈ります。
ドイツ語と英語、となりにくだらない話を男にする女性がいてね、、、
こんな嫌な女もいるんだ。。
何もかもあなたで良かった。
今日のスターバックスは寒い。
アイスコーヒーは一杯、あとは温かいコーヒーにします。
あ、お昼時間が終わりましたね、、。
嫌な女の顔を見たわ。今ね。声だけじゃなくて顔も嫌だった。
言葉を返さない男性が呟いていた。
空気読めよ。

明るい女はしゃべくり。
通じない想いを胸に。
男の寂しげな横顔がある。

« 5月18日うまるるぅ。 | トップページ | 霊感はあるから幽霊はみる。UFOは信じないって。 »

新月の祈り」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たぶん:

« 5月18日うまるるぅ。 | トップページ | 霊感はあるから幽霊はみる。UFOは信じないって。 »