フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

秋雷


近くで雷鳴がとどろいて鳴り止まない。ずうっと。

今日の日曜日は朝から快晴だった。

ゴロゴロ爆烈
ゴロゴロ爆烈
バリバリッ
バリバリッ
バリバリッゴロゴロッ
バリバリッゴロゴロッ

天空からまっしぐらに地面までかけ降りて!

カリッカラッカリカリ。

お腹。。

止まない。
食べて眠ったからだ。

大丈夫かな?

病院いこかな?

笑える。

まるで秋雷。

だけど恐れおののく事無い
からだの向きを変えた。

一つ。

二つ。

げっぷうぅ~。

さて、さて、、

笑点みるかなあ。

お・も・て・な・し。

(笑)

図書館

バラの香りのする図書館があると良いのになあ~。

文京区さま。

元気出た!

こんにちは!

撮影頑張って!
秋で空気が乾燥してる。
喉にも注意だしインフルエンザにもお気をつけて
(^o^)/~

2013年10月24日 (木)

焼き芋

今年のさつまいものできばえは如何かなあ~

焼き芋が大好きでたまらない。

この身にしみる秋風の冷たさ加減がなんとなしに良い。

石焼き芋♪

あのひとふしで釜の熱さと、くべている薪の燃える煙の煙たさと、辺りに漂う甘いあまい焼き芋のかぐわしい匂いが一瞬にこの身を襲う想像させる。
なんて言うか、カンツォーネの名手だって真似できない哀愁があるもの。
まったく凄い!
(日本民謡でなくて例えば)

そのイタリアだとさだめし、ロンバルデイアの焼き栗かな?
街頭でおじさんが焼き芋!じゃないや(笑)
「焼き栗だ~♪」
見たいにねやるんだとか。ふ。
イタリア料理では郷土料理色が強いから各地の名産が料理の名前に使われ連なる。
だから、使われている土地の名前や特定の人物の名前が料理名にあるの。
だのに、その品々や規則が目の前のお皿に無いときがある。味が違うのは論外ですけど、、。
フォークとナイフで探しても見つからない。
そんなときはアウトなのだとか。
不思議がってはいけない。笑ってもいけない(笑)
まあ、最近はイタリア帰り腕が一流の料理人は多いですけど、勉強しないでキャリアにイタリアにいた年月だけ輝いている見たいな場合を感じる?いや、いないと思いますが、その場合は滞在期間タイトリストに片寄る?見たいに感じる。

基本的に大事な料理の約束事を知らない人がどうも存在するらしいのだが。果たしてどうだろ。
身に覚え有りますか?

イタリアにあんな大勢の日本の若者がいてて、後勉強して帰国するのだが、あれ以来地震に敏感。
で、ちょっぴり気になる事がある。イタリアでも地震があり、甚大な被害がある事はよく耳にする。
が、同じように地震国日本の現状として、その人が街頭で仲間同士募金箱を抱えイタリア救済の名目で募金してるのも見たことないのは僕だけかな?
否応、レストランのキャッシャーにあるんだろう。
イタリアと言えばオペラも。イタリアで歌を学び、日本に戻る方たちも大勢いるのだか果たして?どんな活動あるのかな?
僕が知らないだけ。
僕が知っているのはモードの世界。義援金活動やファッションにからめてTシャツの販売で集まったものを義援金にあてたりする。グッズ販売で得たまるまる寄付なんてある。
あれこれ日本の中のイタリア。。。
もうかれこれ十数年前にイタリア人を父にもつ、お父さんも料理人の方が嘆いてた、、
「日本は日本食である日本蕎麦のお店よりもイタリア料理のお店の数が上まってしまった。これは、いったいどんなものだろう?日本人は不思議に思わないのかなあ?」
うっ。イタイッ。
痛くない。どっちだ?
で、、さっきの、
ロンバルデイアの栗。
メニューの料理名にロンバルデイアがあったら、その料理には栗が使われている。のだけど、食べに出かけたレストランに、そんなクラシックな料理を出す所も最近は滅多に無いのだろうし、逆にあるレストランは高級レストラン位なのかなあだ。
あ!栗!
あれって、駅の出口とかで見かける。最近見かけるのは京都のかなあ?
大きな焼き栗を販売してますよね!
あれ美味しい!("⌒∇⌒")
ただ、少し前にふんばつしつ何百グラムも買って我慢出来ずに店の真横で一つ口にした。で皮を剥いて食べたらその一粒が何故だか冷たくてシンが凍っていた。
("⌒∇⌒")
お成る程ね!
お陰様で勉強した。

おっ!
まだ今年のはご近所で焼き芋屋さん見ていないんだけと大丈夫かなあ?

冷え込む夜間にも働いてる。そして皆さん高齢者だしね、かなり心配だ。青森県の方も多いですけど。
今年は元気にしているかなおじいさん、、。

嫌みなあれこれでした。
失礼しました。

頑張ろう。


2013年10月22日 (火)

おとな

母ちゃん。
母ちゃんは、僕の年齢を知っているから、このブログ見てどんな風に思うかな。
ちゃこ。東京に来てから沢山の人に出会ったから、沢山の人の常識を見る機会があったのです。
政治家はいませんでしたが、当時、毎晩と言って良いほどお酒を頂戴し、あちらこちらに連れて行って下さった方らの中から、今の日本経済を牽引する大企業の社長になられた方たちが沢山います。お仕事が大変な忙しさにも関わらず、貴重なプライベート時間を旅行にこの僕を共にしてくださった事も沢山あります。旅行は旅費、素敵な宿にもです。チケットはもちろんスケジュールも面倒を見てくださった。「僕らがいまできることをバンビちゃん達にしているだけ。だから、バンビちゃんもそうして下さい」と、よく言われた。
仕事に優劣はなくどこまで仕事に対してベストを尽くすかが男としての価値が決まる。皆さんがそう言う方ばかり。深夜に仕事を終えて同席する場合でも、一目、僕の顔を見るなり言われた。バンビは今日は完全燃焼してこなかった。それじゃ駄目だよ。僕らはバンビのお仕事を馬鹿にはしていない。でもベストを尽くしてやりきった今日が無いのなら男として認められないからね。と言われた。
だからがむしゃらに、馬鹿になってくたくたに、へとへとに頑張った。
十年早いし、僕らと一緒に飲むのにはね。と言われた。だから毎日のお仕事には全力投球。それを毎日乗り越えへとへとで皆さんが待っている場所に出かけた。
とっても照れるんです。
全力を尽くした自分を見せるのは本当にです。
でも、皆さんが笑顔で迎え入れてくれましたよ。その場所は今でもあります。
その当時にお世話になった方のお嬢さんがいたり、相変わらず常連客として現役なんです。僕の結婚式にも来ていただいたし、今も変わらないのです。職業も肩書きも違う大人の世界であのように素晴らしい体験したのが僕には誉れです。
いつかあの場所で沢山お話をするのが僕の夢です。
お母さんのお話も聞きたいです。
昔には戻れませんが、昔に自分がいた場所に戻れることに感動するこの頃です。
僕、一応農家の者ですし以外に好きなのが、、

実るほどにこうべを垂れる稲穂かな。

玉磨かざれば光なし。

ときおそき違いはあれど貫かぬ ことなきものは誠なりけり。

全部妄想でしたが、、。
ごめんなさいね、
お母さん。
図体だけでかくて。
ごめんなさい。

おばあちゃんとおじいちゃん

僕の部屋の右手は86歳の独り身のおばあちゃんがいてる。夜の11時までテレビのボリュームを高めにして時間がくるとテレビを消して静寂が訪れる。
左側には70歳近いおじいちゃんがいてる。
右手のおばあちゃんが眠りに入る頃にテレビのボリュームを中くらいにして朝までつけっぱなしている。
今日は初めてどちらにもイライラしないでいれた。
何か母だったり、父親だったりみたいなきがする。
この年で独り身になってしまったから、理由はみずからすすんでだから。理由が両親に離された訳ではないから例えようないから。
だから、何となく有り難いと思えたのだろう。
人は一人じゃないから。
いつか人と人を繋ぐお仕事についてみたい気がする。ざあっと、おおざあっぱに思った。朝が来た。
火曜日だ。火曜日だ。
世界中の皆さんおはよー!おはよー!そしておやすみ。

2013年10月19日 (土)

ハクバ


毎日が多忙ですね。

風邪を引かないようにお気を付けてくださいませ!

(=^・^=)

つまり、そのなんて、、、。

すっぴん美人さん!

2013年10月18日 (金)

カラカラ


ワカメとおねぎのインスタント

そのお味噌汁に、これまたインスタントの顆粒ニンニクを沢山いれ、

美味しいっ!

って叫ぼうとしたら、めちゃめちゃ臭かった。

ああったまいい!

コーヒーキャンデーでってお口にして、ニンニク臭いの消すんだって、

2個でも足りなくてさ、いま4個めでわずかだけ臭わなくなった。

そろそろ、歯を磨こうかな。。

カラカラ・・・カカカ。

コーヒーキャンデー。

満月


今夜、君の声が聞きたい


柴田 淳

2013年10月17日 (木)


あの空にうかぶ月には悲しい物語があるの

あそこに青い地球を浮べるの

あそこに私達が生まれた火星が浮かぶの

胸が掻きむしられるよな悲しみを隠して

ながいあいだふるさとをおもったの

何色にも染まらない月は

その悲しみ以上に長い年月を耐え忍んで

心をまるで鏡のように

優しく優しく

月に姿を変えて

わすれないよに

わすれても

いつのまにかそばにいる

在りし日のふるさと

感じてる

2013年10月16日 (水)

ひきかえすみち

雨に濡れた君に教えられた

間違いを詫びた言葉が淋しかった

さぐった言葉より無言でいれば良かった

大切な思いをもて遊んだ僕は

すきな君を月の光りに

よみがえるよに

名前を何度も呼んだ

僕を残してあの月の

ひかりのなかでねむる

そうっと

そうっと眠るよ


2人で散歩に出る夜は

同じ場所でたちどまって夜空のお月様を見ていたね

私がいなくなっても

寂しがらないで

ただ泣いてたちどまっているきみを

慰めてあげると言った

1人ひとりに宿る思いは涙になって

儚く消えてしまうけれど

忘れない優しい君の

いつまでも

きえないずうっと

笑顔でいて

そのまま


たしかめあえれば

僕を残して去って行っても

瞳を閉じて君を想うよ

夜空に浮かぶまま

だからどうか

僕のこの思いが

ずうっと

ずうっと消えないように

その光で僕を包んでいて欲しい

またあいたい

涙をふいて


なくてはならない

心配した。
なにより元気だからよかった。
温泉とか浸かる暇はあったのですか?
あと二月ばかりで今年も終わりです。
11月もお邪魔します。
寒くなりますのでお体をお大事になさって下さい。

ちゃこ。

2013年10月15日 (火)

レモンのしぼり汁

くちにした後悔を
あのときは埋めれる言葉がみつからなかった。
子どもの時に初めて口にした「レモン」はおみやげだった。

レモンの姿は奇跡のように美しかった。

姉は戸惑っていて誰かしらの感想をまちわびた。
綺麗な姉の顔を見ること無く、それよりも美しい黄色のレモンを
僕は眺めていた。

姉がこうて来てくれたレモン。

その時の感じた酸味を不思議に思いながら、姉とレモンを交互に
見つめていたのには理由は無かった。

でも何故かしら危うい未来をレモンに感じたのは今になって思い出せる。
後悔とか失敗は甘酸っぱくない。

切り傷、、。
傷口が塩〆される。

塩っ辛いコラボレーション。

ただ、見つめた景色だけは爽やかなレモンの黄色。
あの時もそうおなじ。

身動きしないテーブルの上のレモンと姉とおなじ女性が景色のなかに
溶け込んで目まいがしてるこの気分と変わらない。

あなたなのか、誰かなのか。

瞑る目のなかにすまうだれか?

味わい尽くせないまま言葉に迷う。

香りにむせる。

2013年10月 9日 (水)

なんていうか。

は、今回でおわります。
お身体にお気を付けてがんばって下さいませ!
(#^.^#)

ちゃこ。

2013年10月 8日 (火)

わたしたち

先日の秋晴れの日のことです。
暑くもなく寒くも無い。
また、かと言って不快さはまったくない日のこと。
6人が土手に腰かけてぼんやり。
皆おなじ顔と同じ背丈なの不思議だけど少しも違和感ない。
思えば私達は肌の色も身長も体重違うのに人と呼ぶ。
思えば私達以外の生き物は、その名前に当たる物は成長するとほぼ大きさは同じだ。

象のような大きさのウサギはいないし、蟻の様なライオンもいない。
イルカがマッコウクジラみたいに大きくはならないし、その種族はおおむね変わらない。
で、、、

こんなにもハッキリ違う言葉を使う私達はあの動物達とではいかがと?
進化はどちらが?

私達は劣っている気がして悩ましい。

グレー。と呼ばれ、宇宙人の称号を頂いてる彼らは優しいのだ。
皆並んであれこれ思案したりくつろいでいる。
田舎の雰囲気に馴染んで楽しんで時の流れに身を投じてる。

海にいて生活するイルカに不思議さは無い。
サバンナを駆けて生きる動物に違和感はない。

グレーも何処かで見かければ違和感はないのだ。

地球上でみかけるのはまだまだ違和感はあるけと、、、

沢山のゆるキャラが異様に多く生きている日本。
それが偶然であるとか、儲け話に撃沈される類の現象か?
ぷぷぷ。
(=^・^=)

普段、心に思う大事なとっておきの思いが理解しあえる世界に私達はいきていないだけだ。

沢山の言葉を通訳しても完璧な一致はないと教わっていないのに関わらず、、、

僕らの心の声を知り尽くしてる。
地球が好きでたまらない思いだけは、
ハッキリとわかりあえた。
田舎の土手の午後でした。

ふなっしー。頑張れ!もう一息だあ!
なんのこっちゃ?(笑)

ちゃこ。

朝焼けきれいだったんだよ。
今朝。

2013年10月 3日 (木)

心にこだまする。

If I could.
バーバラ・ストライサンドが、、
レイチャールズも。
歌う。
素敵だ。
YouTubeで聴いてみてくださいね。


お誕生日おめでとう。
お母さん。
体調管理は大丈夫ですか?
お忙しいですか?

2013年10月 2日 (水)

なんてゆうか!

こんにちは~!
撮影は終わりましたか?
風邪は大丈夫だか?
喉も大丈夫だか?
せっかくの私服フォトが半部暗くて見えないもんね(^.^)/~

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »