フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月27日 (月)

今日は寒かったですね。

夕方に散歩して本郷三丁目のリニューアルしたSTARBUCKSに行きました。

鎌倉や新玉川のSTARBUCKS以外で一番素敵になった気がする。

上野公園のSTARBUCKSのロケーションには負ける?かもだけど、狭い空間をセンス良く仕上げて良かった。

中も外も素敵になった。
良かった良かった。

そんな中、日曜日は勉強の成果を試すべく、渋谷の予備校に出た。

その結果は多分駄目で、再度、チャレンジをする機会を与えて頂いたに違い無いが、、、。

そして、実は来る二月までは年は開けないのだから、あ、明けないないのだから、運勢は未だに同じ運気を携えたままでした。

浪費に契約、過去の負の遺産を少しでも見つめ直して、後悔の無いように努めたい。

そして、なにより望むのは誰にとっても、健康に恵まれて、また、夢を掴むようなものであろうと、新たな目標を定め、年齢をおもんばかりながらも、いつまでも元気に、そして、笑いにつつまれ暮らす。
                 
そうすれば、いつか、、。

体に気を付け、まずはうがいを。。


1390836276363.jpg


ちゃこ。


2014年1月21日 (火)

そうそう

本郷のお山から下りる。

夕方から野暮な用事で千駄木におりた。

まるで、北国の雪空に間違いそなくらい暗くて厳しい寒さでした。

それって、鈍い灰色に混じって錆び付いた釘色。
あちこちとぐろを巻いて生臭い空なのだ。

確かに東京と言う都会には違い無い。

だが、知れば知るほど、魅力に欠ける場所が以外に多いのも東京の景色だ。

ある場所にさしかかると、
空が一層重たくのしかかってきた。

団子坂は、実は汐見と言う地名の端にある。
だから、汐見の名を冠して、幼稚園や小学校などもある。
地元では慣れ親しんだ呼び名の地名なのだ。

あの日、異変が起きた。
あれよこれよ言う間に、千駄木の空をヘリコプターと、その爆音が長い時間埋め尽くした。

私立学園での生徒の墜落での死亡事故、病に倒れ亡くなった歌舞伎俳優の、同じようにヘリコプターが千駄木の狭い上空を分け合うよに何層にも股がって飛んでた。

1390313988377.jpg


その小学校の校庭で親子が亡くなる事件があった。

お話は事情で詳しく言えないし、書けない。
最悪な悲劇。

谷根千。なんてちやほやされて、久しいこの頃だが、他所から遊びに来る方には話せないお話は実はけっこうある。

言わなくても良い話しは言わない。

ただ、あの事件いらい千駄木は悲しみにあっていかんともし難い雰囲気に。

子供を授かって育てるのは大変なのだ。

あの現場には沢山の親子がいた。

お父さんにお母さん。
子供たち。

それを単純に見聞きした僕でさえ葛藤が物凄い。
ましてだ。あの日を体験した全員の心の衝撃はどうだろか。

そんなこと思って団子坂をおりた。

1390313991241.jpg


真向かいの三崎坂に馬鹿デカイスカイツリーが光ってた。

あれが出来てから世の中おかしい。災難多い。
個人的に思って、、。

寒いねやっぱり。
雪にならずに小雨のままって。。
やはり、おかしい。おかしい。
大丈夫だろか。。。

2014年1月20日 (月)

デブルシンシュンバデイ

1390148852725.jpg

1390148854503.jpg

謹賀新年

おごれるものも久しからず

最近特に感じるのがある。

自己顕示欲でまでは大事でない程度でしてるFacebookでの事です。

しっかり、本名でしてるのでわかる人には分かるわけです。

中でも、わかって欲しく、読んで欲しく、切に望んでの事です。

中でも、普段生活してる空間をさらしているのは、訳がある。

炊事、洗濯に、掃除、、、
綺麗に綺麗にしてます。

おトイレ?台所?玄関?

だけどね.とても古いたてものですから、限界はある。

ご来訪がある場合も、努めて頑張る。(笑)

たしかに、自分の中には自堕落な、そして、いい加減な人格も満載してる。

そう思うと、一種の強迫観念に縛られている自分も、、(笑)

いつか誰かが来るんじゃないだろか?
それな気がする。

(不安)を期待しての今の自分?
なんだろか?

なんだろか?

誰かが来るんじゃ?

 
1390148157216.jpg

でも、大事な人が来るから毎回綺麗にしてます。

また、自分の為だから綺麗にしてます。

独り暮らしは、19才から28才までした。

結婚して離婚して、また独身。

此処にきて独身の生活4年目です。


1390148159119.jpg

いつも誰かに見守られながら生活してる自分は幸運だと思います。

最近、食べ過ぎて太りました。
気を付けて一年間がんばりましょね!

ちゃこ。


1390148161158.jpg


 

続きを読む "おごれるものも久しからず" »

2014年1月17日 (金)

真ん丸お月さま


あなたのことがどんなにか好きでも、


僕が言ってることは怪しい。


あなた、つまり、月のあなたのことを好きなふりしてる。


見上げてはあちこちと、探してるふりする。


そうなの。


誰より美しくくらぶる万物ないよね。


寂しいふりして泣いたりする。


感極まって泣いたりする。


真顔で決心をつげたり、


君にしか話せない本音であるかのような嘘をつく。


どうぞ、ご免なさい。


今更ながら、ご免なさい。


僕、下を向いて、舌をペロッ。


君を見上げて笑って見せた。


黒のコートすてきだね。 


真ん丸お月さまの君も舌をペロッ。


いつもよりなんか恥ずかしかった。


ふたりでまた一緒に歩きました。


恥ずかしくて


恥ずかしくて


恥ずかしくて。。

2014年1月16日 (木)

君が見る青い空

悪い虫が


 
未知なるははの、白い無垢な肌の上、

背中に巣食う、悪い虫を見つけた。

母はもがき、腕と手を添えて剥がしにかかる。

そこかしこに逃げ惑う虫親だ。

決死で息の根を止める。

すると、肌を食い破って、悪相をさらした。

僕に手出しするなと食いつきをだした。

僕はひるんだ。

まもれなかった。

恐ろしくて体が震えた。

夢うつつ覚めて尚、体が震えて止まらなかった。

虫親は自ら傷を塞いで、まるで、

深海にでも沈んでいくよに、

無垢な無垢な母の白い肌の中に消えた。

覚めて尚、体が震えたままだった。

母には、きっと悪い虫が着いている。

そして、助け出せなかった僕。

あのまま横たわったままの母。

悪い虫が着いている。

年老いても

一向に真実を明かさない。

雨が降っても、

雪も降っても、

34%の乾燥した青空の真冬って日も、

何一つ明かさない、言葉繋がない。

そもそも、ポンコツに変わり果て、

この記憶もさだかでなく、

徹と言って男の子が和室でひとりいま、

抱きしめる女の子がいる。

いつか、僕が呆けて、この子を我が子だとか、

母親だとか、姉だとか、、、。

そう思わないものだろうか。

ああ、と言って、目を閉じ。

ああ、と言って忘れてしまいたくもある。

きっと、いつか曖昧で僕さえも子供になる。

そんな気配がある会話多くて泣けた。

便箋買ってお手紙書こう。

いまどう思ってるか書こう。

拝啓か、前略か、、。

君にも書こう。

あなたにも書こう。

ずうっと無くさずに身に付けた、

少しの立派になった

大人の体で。

長々と長々と。

2014年1月15日 (水)

いろんな夢が続く今年も。

今日は寒く、千葉では雪も積もり、


季節は真冬なのだと思えば、


まだまだ1月であるのに驚いてます。 


そして、約1年ぶりにデンタルクリニックにかよいだした。


少し面倒だけど、毎週通います。


それにしてもお元気ですか。


風邪は大丈夫ですか?


ちゃこ。


2014年1月12日 (日)

よせば

良いのに、我慢するっての出来なくて、音楽を聞いた。

聴いた?

今年は絶対に聞かない?聴かない?

つもりだった。

だけど、あえなく、むなしく、他人の歌うのに耳を預けた。

幾つか。 

実は、、


一歳か、二歳か、その頃。

ふとめざめたら、僕以外誰もいないのを悟って泣いた。

それが心の片隅にあった。

そう思っていた。今日の今日迄です。

違ってた。

あれは、目覚めて誰もいないのを悲しんで泣いたのではなく。

ある現実に悲観して泣き崩れて、眠りについた。

眠っても悲しさは消えなくて、眠りから目覚めてまた悲しく。

僕以外誰もいないのが原因でなかった。

その事が今日初めてわかった。

そしたら、今日、その思いに駆られて、わかって泣けた。

こんな大人になっても、何十年も経ってたのに終わってなくて

、それに今更に気が付いてね。


散歩に出た。

僕、ずうっと散歩したままだったかな、、。

本郷から有楽町迄歩いた。

6時間後にまた有楽町から本郷迄歩いた。

青空眺めて無心になって生まれ変わった。

そんな気がした。

泣く前に聴いた?歌を思い出して歩いた。

どれもこれも大人の歌だ。

子供のままの僕が大人の歌を聞いた?

そう。記念日。

あの悲しみを引き寄せた記念日です。

ああ、青空は何も言わない。

帰り道。

歌の流れない空イヤホン耳にさしてかじかんだ手で

ポケットの中でコードを握ったってば。

優しく聞こえる大事な人の声がした。

本郷三丁目のスタバは工事中です。

21日まで我慢する。

それは我慢するっての出来なくはない。

子供が珈琲する。

夜遅くまで。

2014年1月 6日 (月)

あけましておめでとう!

今年も宜しくお願いします。("⌒∇⌒")

おみくじは中吉だあ!

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »