フォトキューブ3D

chachaco

  • 231099545a10
       今までの記憶のかけらの残像です。    小さすぎる私の心のシャッターですが、、、。

cook

無料ブログはココログ

« いろんな夢が続く今年も。 | トップページ | 悪い虫が »

2014年1月16日 (木)

年老いても

一向に真実を明かさない。

雨が降っても、

雪も降っても、

34%の乾燥した青空の真冬って日も、

何一つ明かさない、言葉繋がない。

そもそも、ポンコツに変わり果て、

この記憶もさだかでなく、

徹と言って男の子が和室でひとりいま、

抱きしめる女の子がいる。

いつか、僕が呆けて、この子を我が子だとか、

母親だとか、姉だとか、、、。

そう思わないものだろうか。

ああ、と言って、目を閉じ。

ああ、と言って忘れてしまいたくもある。

きっと、いつか曖昧で僕さえも子供になる。

そんな気配がある会話多くて泣けた。

便箋買ってお手紙書こう。

いまどう思ってるか書こう。

拝啓か、前略か、、。

君にも書こう。

あなたにも書こう。

ずうっと無くさずに身に付けた、

少しの立派になった

大人の体で。

長々と長々と。

« いろんな夢が続く今年も。 | トップページ | 悪い虫が »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年老いても:

« いろんな夢が続く今年も。 | トップページ | 悪い虫が »